熊谷の名店? – てんとうむし通信 – 埼玉県指定 就労移行支援事業所 てんとうむし北本

みなさん、こんにちは。
埼玉県北本市の障がい者福祉施設
就職・再就職をサポートする「てんとうむし北本」
代表の長岩です。

昨日の日曜日、仕事とプライベートを兼ねて・・・
熊谷市にある天然の氷で作った「かき氷」店「慈げん」さんへ
行ってきました。

真冬なのに外で待つこと30分(^^ゞ
こんな看板も立っていました。

かき氷③

でもさすがに真冬でも並ぶ「かき氷」店、やはり今まで食べた
ことのない味と食感でした。
聞いてはいましたが、同じ「かき氷」でもこんなに違う事実に
びっくり、本当にどんどん食べても頭にキーンとこないし
喉もスーっと通っていくんです。

私はお店分析をするのが趣味?なのですが、このお店は他にない
何かを確実に感じさせてくれました。

パット思い出したのが、昔流行ったアメリカのチョコレート
「お口で溶けて手で溶けない」みたいな圧倒的差別化(笑)

キーンとはこなかったものの、事業を運営する上で
いい刺激になりました。
注文したのはこの2種類、リピーターの人たちは普通に1人2品
注文していました。これまたビックリ(^^ゞ

かき氷①

かき氷②