アドラー心理学を参考にした心理学のお話 第8回 – てんとうむし通信 – 埼玉県指定 就労移行支援事業所 てんとうむし北本

こんばんは。
埼玉県北本市にある就労移行支援事業所
「てんとうむし北本」の桜井です。

ゴールデンウィークは皆さんどのように過ごされましたか?
僕は2日ほど実家に帰省してきました。
実家は農家で、今は玉ねぎの収穫が始まる季節です。
僕が帰った時には収穫が始まっており、
大量の新玉ねぎが収穫されていました。

案の定、食卓にはいろいろな玉ねぎ料理が並びました。
旬の野菜を新鮮な状態でいただく、これ以上の贅沢はありませんね。

さて、前回までは「性格」を変えるということに話してきました。
では、どんなパーソナリティーを持つことがよいのでしょうか?
アドラー心理学では健康なパーソナリティーの条件として次の5つを挙げています。

①自分を受け入れていること
②世界を信頼していること
③貢献感を持っていること
④誠実であること
⑤共同体感覚を持っていること

次回からは一つ一つについてお話をしていきたいと思います。