山形からの自然食品 – てんとうむし通信 – 埼玉県指定 就労移行支援事業所 てんとうむし北本

みなさん、こんにちは。
埼玉県北本市の障がい者福祉施設
就職・再就職をサポートする就労移行支援事業所「てんとうむし北本」
代表の長岩です。

山形県にある福祉施設さんから、そこで販売されている商品のいくつか
を送っていただきました。

うこぎのふりかけや、ドライフルーツ、ハーブソルト、一味唐辛子
などなどですが、どの品物も無農薬栽培であったり、余分な加熱を
せずに自然乾燥させたり、添加物を加えていなかったり、とても
安心・安全にこだわっていることがよくわかりました。
これから順次試食したいと思っています(笑)

画像の説明

今の世の中どうしても便利さを選ぶとその反面覚悟しないと
いけないことも多いですよね。

もちろん、便利さをすべて避けて通ることは難しいですが、やはり
口に入れるものはなるべく気をつけたいと思っています。
ここで多くを語ることは避けますが、身体の状態が変化してくると、
食べたいものも変わってきます。
なので少しでも意識するのと全くしないのは大違いかと。。。

息子2人が通っていた幼稚園では時々お弁当持参の日がありました。
でも当時は禁止項目が多かったのです。
プラスチックのお弁当箱禁止(木製限定)、ラップ禁止などなど。。。
もちろん中身(食材)もチェックが入ります(^_^;)
冷凍レンジ食品なんてもちろんNGですし、冬に夏野菜とか入れると
怒られます。

ちょっと大変かと思いますが、それってとても大事なことですね。
その幼稚園の給食で使っている食材や調味料は見事でした。
味噌や醤油も地方から取り寄せていましたし、季節の野菜やお魚
などがちゃんと出るのです。

子供もそうですが、私たち大人も何気ない毎日の行動や習慣が
ある日大きな違いになって現実化してしまいます。
「てんとうむし」で提供している昼食も、身体を考慮した成分に
なっていますので、1人でも多くの人に喜んで食べてもらえる
ようになって欲しいですね。