芥川賞と夏の課題図書 – てんとうむし通信 – 埼玉県指定 就労移行支援事業所 てんとうむし北本

みなさん、こんにちは。
埼玉県北本市の障がい者福祉施設
就職・再就職をサポートする就労移行支援事業所
「てんとうむし北本」代表の長岩です。

お笑いコンビ「ピース」又吉直樹さんの作品「火花」が芥川賞を受賞
しました。
たまたま施設の本棚(利用者さん、スタッフがいつでも読めるように色々
なジャンルの書籍を置いてある場所)にあったので、少々拝借して読み
始めていたのが2週間くらい前の話。。。

1日で半分近く読んだのですが、その後机に埋もれていました(^^ゞ
芥川賞の候補作品位あがっていたのは知っていましたが、受賞されたと
いうことで、この休みを利用して読み終えたいと思います。

ここ数年読むのはビジネス書が多いのですが、小説もいいですね。
教育に携わっていた14年間は、この時期になると「夏の課題図書」を
毎年読んでいたことを思い出します。

本当は仕事(生徒の読書感想文指導)で読んでいたのですが夏期講習で
忙しいなか、課題図書に選ばれたいい作品を読むと心が洗われた
思い出が蘇ります。

今ふと思い出したのは、2008年の中学生向け課題図書
「レネット~金色の林檎~」
チェルノブイリ原発事故と家族の絆の話だったと思いますが、内容は
忘れてしまいました。でも読み終えた瞬間の、あの胸がキュンとなる
ような、その感覚だけは今も身体が覚えています。
この夏・・・これも読み返してみたい。

画像の説明