4月22日(金) 株式会社OKIワークウェル企業さんご来所

みなさんこんにちは、僕はてんとうむし北本に通所する者です。
先日、4月22日(金)の4コマ目に株式会社OKIワークウェル
の社長さんと、システム担当Kさんが訪問してくださり、
プレゼンテーションをしてくれました。
OKIワークウェル独自のシステムのデモンストレーションを
していただくという貴重な経験があったので、報告を含めブログ
に書きたいと思います。

ちなみに土曜日は固定でメンバーがブログを担当していくように
なるようです。

というわけで13回目の投稿です。

まず、こんな本を以前読みました。(事業所にもおいてあります)

画像の説明

特例子会社といって、ここの最大の特徴は在宅で訓練も仕事も
できることです。
この本を書いている方は、メンバーの土屋竜一さんという方で、
障がいがありながらもOKIワークウェルで働きながらこの本も
書いた方で、6年前の2010年にTVの報道番組にも出ている
とのことでした。

独自のシステムというのは、イメージとしては
スカイプ(TV電話)あるいは、フェイスタイムのような
テレビ電話を使い、報告や連絡、相談をしてデータの共
有なども、それで家にいながらしてこなすという近未来的な
取り組みでした。

例を挙げれば、Wi-fiルーターのようなシステムにタブレットを
持ち歩き、緊急時や仕事の内容等を家にいながら仕事ができる
ということです。
勤務している方たちの所在地はばらばらで、南は鹿児島から
北は福島までの障がいを持った方が、HP制作や、デザイン、
イラスト、プログラミング等で「在宅しながら社会と
つながれる」という新しい発想でした。

グループ通話のやり方は、1~9までの会議室とそのほかに
「共有」と書かれたボタンがあり、右側には仕事をして
いらっしゃる方の名前の一覧があります。
そこに、内線の様に社長さんがマイク越しに「○○さん9番に
きてください」というと、その人たちが9番の会議室でやりとり
ができます。

WEBより引用したシステム画面のイラスト

画像の説明

今回のデモでは、大阪の方の変わった地名クイズにメンバー一同、
難解なクイズに悪戦苦闘。次は神奈川の方による鎌倉の大仏の
画像があり、社長さんと神奈川の方のユーモアなやりとりが
ありました。

個人的な見解ですが、マイナンバー等の新しい法律があるので、
精神科の診察や処方箋の在宅にての可能性をキーワードに帰路で、
いろいろ盛り上がった話もすることができました。

「このシステムが事業所にあれば、わいわいできるなあ・・・・」
↑ハードルをわざとあげるアピール(笑)

と、ひそかに思う金曜日の帰り道の感想をあげてみました。

↓※写真は会議通話で大阪の人がペイントでクイズを出している
様子です↓

画像の説明

ちなみにシステム担当のKさんは北本育ちの方の様で世の中って
意外に狭いなあ(笑)
と一同笑いに満ち溢れていました。

さて、今日は土曜日です。
少し気が早いですが、ゴールデンウィークはイベント盛りだくさんです。
しゃぶしゃぶ、名画、マジック、カラオケ、柏餅作りに
2回目の風呂イベント(?)等々、わいわいしましょう!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。