【失敗は成功のもと】

こんにちは、
僕はてんとうむし北本に通所する者です。
今回は10月4日に職業能力開発センターで
行われている障がい者委託訓練に受験した
プロセスをブログにしようと思います。

まず、受講を希望したコースは以前見学させて
いただいた企業が実施する事務補助コースでした。
結果は「不合格」でしたがその過程を書きます。

まず、面接日程が決まる前に
企業の概要を入念にリサーチ。
ここで、面接で聞かれるであろう
想定内のポイントを3つまとめておきます。

① 応募動機
② 自己アピールポイント
③ 障がいの事

最近ビジネススキルやSSTにて訓練している
【いかに自分の短所を言い換えて長所に言い換
えるのか?】というものの、実戦バージョンで
した。
まず、企業に入力をアピールするのであれば、
具体的な数字をアピールしなくてはなりません。
そこで、常に事業所で訓練している
【アンケート入力の実績】【伝票修正の実績】を
スナップショットで印刷し、アピール。
その他、障がいとの向き合い方や、
企業までの通所時間、人間関係の対処方法、
1日の生活リズムやストレスの発散方法、
最後に念を押しての自己アピールをし、
自分なりのプレゼンテーションはやりきった…。
が、縁が無く残念でした。

気を取り直し、翌日は19日の合同面接会の
2社にエントリーをしに、
メンバー4名にスタッフ1名で、
大宮ハローワークに行きました。
少し先の話ですが、12月15日には
大宮ソニックシティでも合同面接会がありますし、
今はただただ想定内・想定外の面接での質問に
対しての準備を履歴書や職務経歴書を作り待って
います。
土曜日の雨の日のデイリーヤマザキにて、
ホットコーヒーを飲みながら
「僕も大人になったなあ・・・」とスマホにて、
ブログの土台を打っているのでした。

では、よい週末を!(^^)!

追記:
行きのバスと電車はなぜか施設長とブッキング、
世間は狭いですね(笑)

画像の説明

※アンケート入力画面

前の記事

訓練の時間(梱包作業編)

次の記事

てんとうむしの日