皆既月食と降雪と

みなさん、こんにちは。
埼玉県北本市の障がい者福祉施設
就職・再就職をサポートする
就労移行支援事業所
「てんとうむし北本」の戸上です。

1月が終わりましたね。
2018年になり、もう一か月が経ったということで・・
年末に「もう一年が過ぎてしまった!!」とはならないように、日々を大切に過ごしていきたいと思います。

さて、一昨日は皆既月食でした。
月が赤くなっていく様子はご覧になりましたか?
私も見て、徐々に陰(かげ)になっていく様子に感動して思わず写真を撮ったのですが、スマホのレンズ越しでは思ったほどの大きさが出ず、少し残念な気持ちと、「これは記録ではなく、目で見て記憶することが大事だ」と思う出来事でした。

皆さんもありませんか?【すごく大きく見える月】など。(スーパームーンは実際に大きいようです)

これは写真に収めなきゃ!と、いざ撮ってみると実際は小さいことが。

これは【錯視】と言って、人の脳が錯覚を起こして勝手に見え方を変えてしまうのです。
詳しくは調べていただくとして・・

自分の目に見えたこと、感じたこと、思ったこと、背景を大事にしながらも、あくまで自分自身の思い込みを含めた主観でしかないと意識して、関わる方々や物事を見つめていきたいと改めて考えました。

さて、本日は雪が降っています!
通所の皆さん、行き帰りは足元にお気を付けくださいね(*´ω`*)

写真はスマホで撮った月食の写真です。
小さい・・
月食

前の記事

恐怖!インフルエンザ!
玉子焼き

次の記事

恵方巻き調理イベント