ゲームプレゼン「ライブ・ア・ライブ」

皆様、こんにちは。
埼玉県北本市の就労移行支援事業所
「てんとうむし北本」の当事者スタッフ、
うつ病と共に生きる富木です。

令和一発目の富木のブログは、少し映画
から離れて、懐かしのゲームの話題をし
てみたいと思います。

今回ご紹介するのは、こちら。

「LIVE A LIVE」(ライブ・ア・ライブ)
です!

1994年発売のスクエアソフト(現スクエアエニックス)
のRPG(ロールプレイングゲーム)です!
(ハードはスーパーファミコンです)

スクエアソフトのRPGと言えば、ファイナ
ルファンタジーシリーズが有名ですが、
今作も隠れた名作という感じなのです!

まず、7人の主人公から一人を選び、ゲーム
を始めます。

原始編

幕末編

西武編

現代編

近未来編

SF編

ここまでなら珍しくもないのですが、最初
に選択した主人公のシナリオをクリアした
ら、残りの6人からまた選びます。
こうして、残りが0になるまで全員のシナリ
オをクリアしていくと、最後に隠し主人公
の中世編が登場します!

中世編

それをクリアすると全主人公が集合する
最終編となります!

7つのシナリオの世界観の主人公が一堂に
会し、諸悪の根源である悪を討つという
胸アツの展開です!!

 

当時ライバル会社だったエニックスの作品、
ドラゴンクエスト4に近いシステムですが、
シナリオの選択が可能ということ、中世編
のサプライズなど、当時としては画期的・
印象的な要素が多々ありました。

RPGなのに戦闘が皆無のSF編や、会話が一切
出てこない原始編など、本当に斬新でした。

富木の印象では、スクエアさんが試験的に
色々と試みた作品というイメージです。

私は大好きなゲームです。

スクエニさんには、是非ともリメイクをし
て頂きたいところです。
追加要素、バランス調整もお願いします。

書いていたら、やりたくなりました(笑)

押入れからスーファミ出さないとな・・・。