企業実習に行ってきました

皆さん、こんにちは。
就労移行支援事業所「てんとうむし北本」
利用者のUです。

先日、ある企業のスーパーの実習に行ってきました。
主に野菜の品出しの加工のお仕事の実習なのですが、私は今までにスーパーのお仕事の経験がありません。
今までのお仕事やてんとうむし北本での軽作業で心がけてきました
「効率良く仕事をするために工夫すること」を強みにどのような職種なら私は働けるのか?
食品や雑貨を見たり取り扱うことが好きなので品出しのお仕事はできるだろうか?という思いで実習に参加しました。

品出しのお仕事である売れて空きができた品物を加工して補充する作業は頻繁で、
品物によって決まった番号の袋詰めや産地シールの貼り付けなど覚えることも多く、
想像していた以上に忙しいお仕事でした。
しかし、周りのスタッフの方から分からないことを丁寧に教えて頂けたり、
私に張り付けるシールを間違えてしまうなどミスがあった時もフォローして頂けたので、
一週間お仕事をしっかりやり遂げることができました。

一番心配していたお客さんの対応では、
欲しい品物があるかどうか聞かれたとき、その品物が売り場にはなかったので
「少しお待ちいただけますか?」と一言聞いたのち、担当のスタッフさんに聞いて対応してもらいました。
後に振り返りで店長さんから、その時の対応は良かったと褒めていただけました。

チームでフォローし合いながら作業するお仕事。
お客さんを相手にするお仕事。
今までしてきたお仕事は自分一人で黙々と書類などを考えて作る作業が多かったので、
グループで同じ作業をする仕事とお客さんの対応する仕事はあまり向いていないだろうと思っていました。
しかし、実習をしている中で、例えば産地が変わった品物があったときは「産地シールを変えますか?」など気づいたことをスタッフの方に相談したり、
品出しでお客さんの前に出るときは「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」と自然とはっきりした声が出せたり、
今まで自分が知らなかった自分のできる事が発見できました。
また、その日の実習が終わった後も、「今日は売り場であの品物を置く場所とやり方が分かったから朝一に出す仕事は自分からやってみよう」など
次に仕事でどうすれば良いか考えるようにもなっていました。
まだお仕事としてやる事は少ししか教わっていないのですが、このお仕事が楽しいと思えたのでもしかしたら自分に向いているのかも?
と思いました。

実習をやってみて、そのお仕事の大変さ、楽しさ、自分でも知らなかった一面など様々なことが分かります。
特にどんな職に就いたらよいかわからないという時こそ、自分が興味を持っていることからできそうなものを実習で参加してみるのも良いのかもしれません。

この時の実習のご縁があって7月からこの企業に就職することになりました。
就職について考えて何をするのが良いか判断できない時、まず目の前のこと、
やったことがないことをやってみる、行動する事が功を奏したと思います。
これからもお仕事で行き先がわからない事があるかもしれませんが、まず行動する、自分から人に聞いてみることを心がけて前に進みたいと思います。

次の記事

野菜がおいしい