楽しみを待ちながら。

みなさん、こんにちは!
障がいをお持ちの方の就労を支援する事業所
「てんとうむし北本」スタッフの石原です。

緊急事態宣言が発令されて、2週間経ちました。
コロナの影響が早く終息して欲しいと願っています。
今日は自分の趣味の話を少々したいと思っていたのですが、
今回のコロナ騒動で自分が楽しみにして
いた事は、全て延期になってしまっています・・・・・

その好きな事とは、モータースポーツです。

自分は大学に入学してからオートバイと車が好きになり、
大学2年生の時に姉の旦那さんに連れて行ってもらった、富士スピード
ウエイ行われた自動車レースを見てから車のレースが大好きになりました。

それ以来、はや36年、未だに車とオートバイのレースが大好きなんです。
それもTVで観るのではなく、成るべくサーキットで生を見るのが
大好きなんです。

何故、生で見るのかが好きかと言うと・・・・それは音です。
エキゾーストノートと言っていますが、走行中のエンジン音がたまらなく
好きなんです。それはサーキットで生で見ない限り分からない事ですが、
本当に音の迫力があるので生で見ることが大好きなんです。

殆どの方が、「なんであんなうるさい音が良いの?」と思われると
思いますが、マフラーから奏でられる排気音は、その車のエンジンによって
全然違ってきます。低い野太い音から、耳が痛くなるほどの甲高い
音まで、さまざまなんです。

そんな自分ですが、結婚して子供も生まれその子供も大きくなり、
家族でレース観戦なんて夢を見ていましたが、我が子は2人とも女の子。
レースには全く興味を示しません。

その為、国内で行われるBIGレースの観戦はチケットも高いので
殆ど行けなくなりました。

しかし、そんな自分みたいなパパを助けてくれるレースが富士スピード
ウエイで毎年4回行われています。
それはインタープロトシリーズと言って、日本のトップレーサーと
アマチュアがペアとなり、各カテゴリーでレースを行うのですが、
このインタープロトの車の音がとてつもなく自分にとって良い音なんです。
たまらない音なんです。

しかも、子供が飽きないように、手芸工作が出来たり、絵がかけたり、
遊具で遊べたり、じゃんけん大会があったり、女の子でも十分に楽しめる
イベントも行ってくれているのです。

また入場料も大人2000円とリーズナブル。レースが嫌いな家内も年1回だけは
付き合ってきれて家族全員で観に行っていました。

しかし、冒頭記載したコロナの対応で5月に予定されていた
第1戦が延期に・・・・残念ですがしかたありません。

こんな時は気持ちを入れ替えて、先に楽しみがある分頑張れると自分に
言い聞かせながら、日々利用者様の対応をしています。
楽しみがある事はとても良い事だと思うので(笑)

早くコロナが終息する事を願っています。
ありがとうございました。

前の記事

ゆったり、ほっこり

次の記事

すべてはいつか 意味をもって